【僕は今夜、妹と/小岩井ゆば】それは禁断の愛…兄と妹の秘密のカンケイ

 

僕は今夜、妹と
bokuhakonya-imouto

▲無料立ち読みはこちら▲

著者:小岩井ゆば


主人公のなつみは高校一年生。二つ年上には兄の春一がいる。
イケメンの春一はなつみの友達にも人気で、まさに「自慢の兄」だった。
しかしそんな兄に実は彼女がいたことを知ることになる。しかもその人は自分とそっくりで…。
兄と妹、禁忌を犯すラブストーリー。

毎度この手のマンガを読むと本当に、どこに需要があるのかしらって思っちゃうんだけど、需要があるから何作品も出てくるのよねえ…。
タイトルからご想像の通り、兄と妹がイチャイチャするマンガよ。特に兄→妹って感じの恋愛ね。
主人公のなつみは極普通の女の子。
そのなつみの自慢の兄の春一は、言わずもがな妹に恋する男よ。

思うに、なつみの春一への愛は「恋愛」っていうより「家族愛」よ。
ちょっと間違えちゃってると思うの。好きな相手に何かを望まれたら応えてあげたいって思うじゃない?それが兄からの身体の要求であっても「(家族)愛」があるから抵抗出来なかったんだと思うわ。
本人は恋愛だと思ってるようだけど。

それに反して春一のなつみへの愛は完全に「恋愛」ね。家族である以前に恋愛対象なのね。
しかし世間一般で普通のことではないから、なつみの代わりにって似た容姿の女の子をつかまえて彼女にしちゃうのよ…。ほんと残念な男ね。人の気持ちを考えないなんて最低だと思うわ。
二人が内緒で関係を深めていくんだけど、こういうマンガって果たしてハッピーエンドで終わるものなのかしらね?そこはちょっと気になるわ。

僕は今夜、妹と
bokuhakonya-imouto

▲無料立ち読みはこちら▲

ライター:じゅん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket